G402ゲーミングマウスはFPSにおすすめ

PCゲーマーの人はゲームを快適にプレイするためにパソコンの性能ばかり気にしている人が多いです。そのため、マウスやキーボードなどのデバイスは安いもので使えればいいやと、デバイスの性能にこだわる人は少ないです。

しかし、ゲームを快適にプレイするにはマウスの性能もプレイを左右する重要なデバイスなんです。パソコンの性能が高かったり高解像度の液晶ディスプレイを使用していても、マウスが安くて性能が劣っているものを使っていてはゲームを快適にプレイしているとは言えません。

特にFPSなどのシューティングゲームでは一瞬のミスが命取りになります。早く敵を撃ち取れるかが勝負です。また、MMORPGでもノンターゲティングのアクション性の高いタイトルが増えてきているので、ゲームの腕を上げたいのであればゲーミングマウスに買い換えてみることをおすすめします。

ロジクールの高性能ゲーミングマウスが使える!

数多くのゲーミングデバイスを開発・販売していることで有名なロジクール。中でも高性能と言われている「G402 ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス」。PCゲーマーの中でもロジクールの製品を使用している人は多いです。

[基本スペック]
・光学センサー(有線)
・8ボタン
・トラッキング速度:最大500IPS
・最大加速度:最大16G
・DPI設定:240~4000DPI
・データ転送フォーマット:16bit
・本体サイズ:72(W)×135(D)×41(H)mm
・重量:約95g
・ケーブル長:2.1m

ゲーミングマウスの購入の際にチェックするポイントは、センサーの方式、トラッキング解像度、トラッキングスピード、接続方式、メモリの有無の6点に注目して下さい。

最近ではセンサー方式もレーザーが増えてきましたが、ゲーマーには光式がいいと言われています。トラッキング解像度はマウスを動かした時のマウスカーソルの移動量に関係してきます。dpiの数値が高いほど高解像度のディプレイでの操作は快適になといれます。

そして、一番重要なのがトラッキングスピード(速度)です。これはマウスを移動させた時の速度をどれくらいまで感知してくれるかが関係しています。ここの数値が高いほど動かした速度通りにマウスカーソルが動いてくれます。正確に動いてくれることで遅延がなくなり、正確に素早く敵を狙えるというわけです。G402は日本でどんな環境でも確実に性能を発揮できる基準である420IPSを上回る最大500IPSのスペックになっています。ゲーミングマウスでは非常に高い速度を誇るマウスといえます。

マウスの形状はロジクールのマウスでも、伝統的な形状を好むユーザーに人気のG400sに近いデザインになっています。少し変わった部分はG400sと比べると少し縦に長くなり、セガ低くなったくらいです。日本人の手の大きい人はG400sよりも握りやすくなっています。掴み方も「かぶせ持ち」「つまみ持ち」「つかみ持ち」のどれとも相性が良くなっている点は、幅広いゲーマーに適しているといえますね。

更に「オンボードメモリ」「自動ゲーム検出」と2つのモード切り替えスイッチが搭載されています。メモリを選んだ場合、センサー周辺とボタン割り当ての設定が最大3つマウスに保存できるようになっています。自動ゲーム検出はプロファイルを複数保存でき、アプリケーションの起動に合わせて自動的に切り替えてくれる多機能ツールになっています。Amazonで買うのもいいですが、BTOパソコンと一緒にセットで買ってしまうのもおすすめです。BTOメーカーによってはゲームPCと一緒に選べます。

ロジクールの愛されている部分をそのままに、デザインや機能を改良さるなど、いい部分をそのままに、欠点のみ改良して最強のゲーミングマウスに進化したと言えるのではないでしょうか。マクロ機能をよく使う人には最適ですね。私も今までマウスは使えればいいと思い、適当に選んでいましたが、ゲーミングマウスを一度試した時の差に驚きました。感度の高さがここまでスコアに影響するとは思っていませんでした。ゲーミングマウスにしてからゲームの攻略がスムーズになりました。ゲーミングマウスを持っていない人は買い替えて損ないです。